女子バスケットボール部、2年生最後の公式戦


10月15日、22日の日程で、第58回東京都私立短期大学体育大会が行われました。
私は女子バスケットボール部の顧問らしきことをしているので、今日も青山学院短期大学で行われた試合に行ってきました。
本学は先週、東京農大(不戦勝)、戸板女子短大に勝って、本日の決勝戦に臨みました。
相手は帝京短期大学。帝京短大は、先週の1回戦では圧倒的な強さを見せ、2回戦はシードの青短を破っての決勝進出です。
正直言ってとても勝てそうにはなく、事実勝てなかったのですが、学生たちは最高の試合を見せてくれました。

全般的に相手がリードしている展開でしたが、みんなで作戦を練り全力を出し切り、一時は逆転することもありました。
女子バスケ部の試合では、学校での顔とは違う学生の姿を見ることができ、いつも感動します。

文化祭の文化


本学の文化祭は、10月1日に無事終了しました。
文化祭というと、模擬店やサークルの発表、コンサートなどのイベント企画、等々。もちろんこれも立派な「文化」ですが、やはり日ごろの研究成果の発表も大切です。
ということで、東ゼミでは、東京立正の怪談にまつわる真相を考察しました。
これが研究なのか!というお叱りもあるかとは思いますが、それはそれとして・・・。
ネットでの噂に始まり、実際に学内を探検したり、本学園で一番古い高校の先生にインタビューしたり、文献資料をあたったりと、なかなか面白い研究でした。簡単にまとめたものをPDFで添付しますので、ぜひご覧ください。
もちろん、模擬店も出し(東クラス(1年)は純喫茶、東ゼミ(2年)は焼き餃子)、盛況でした。そちらの報告は次回ということで。

↓ここをクリック↓
知られざる東京立正の怪談