「受験生向け」カテゴリーアーカイブ

前期最後のゼミ


いよいよ前期も終わりが近づいてきました。
今日(7/24)は、前期最後のゼミを実施し、「マヤ文明」班が発表しました。
マヤ文字が解読されていないこともあり、マヤ文明には未解明の部分がたくさん残されています。
さすがにその全貌を解明することはできませんが、今回は、滅亡理由を4説に分けて分析し、それぞれの矛盾点を考察することで、合理的な仮説を立ててみました。
学生ならではの視点で、現代文明との親和性などにも言及しており、とても興味深いものでした。
いつも学生の持つ(私にはない)視点と可能性には感心させられます。

学生たちは放課後には、研究室で就活の書類作成をしていました。
が、研究室のあまりの汚さに、2名の学生が掃除を開始。
本当にいつも感謝しています。

文化祭の文化


本学の文化祭は、10月1日に無事終了しました。
文化祭というと、模擬店やサークルの発表、コンサートなどのイベント企画、等々。もちろんこれも立派な「文化」ですが、やはり日ごろの研究成果の発表も大切です。
ということで、東ゼミでは、東京立正の怪談にまつわる真相を考察しました。
これが研究なのか!というお叱りもあるかとは思いますが、それはそれとして・・・。
ネットでの噂に始まり、実際に学内を探検したり、本学園で一番古い高校の先生にインタビューしたり、文献資料をあたったりと、なかなか面白い研究でした。簡単にまとめたものをPDFで添付しますので、ぜひご覧ください。
もちろん、模擬店も出し(東クラス(1年)は純喫茶、東ゼミ(2年)は焼き餃子)、盛況でした。そちらの報告は次回ということで。

↓ここをクリック↓
知られざる東京立正の怪談

クラス&ゼミで調理実習


文化祭はまだまだ先ですが、今年はいつもより早く出店登録する必要があるようです。
ということで、1年東クラスも2年東ゼミも、文化祭の出し物を作ってみました。
今年の東クラスは21名という大所帯。そこで出し物も綿あめとパンケーキの2種類出すことにしました。
まずはパンケーキ。

ふんわりと美味しそうにできました。(隣の餃子は無視してください)
次は綿あめ。家庭用の綿あめ製造機を2台購入し、綿あめづくりに挑戦。
ザラメが飛び散ったり固まったりと悪戦苦闘しながらも次第に上達。
最後には大きな綿あめも作れるようになりました。

1年生が終了したら、今度は2年のゼミ生が登場。
2年生は餃子づくりに精を出しました。
一斉に野菜を刻み、肉と調味料を混ぜてこねこね。皮に包んで一気に焼きました。

今日は220個作りご飯も炊いたので、さすがにゼミ生だけでは消費できません。
といっても心配無用。においに引き付けられて他のゼミ生や1年生も集まってきました(下写真)。

今年は1年東クラス、2年東ゼミを合わせると35名にもなります。
みなさんホントお疲れさまでした。わいわい楽しく、おいしくいただきました。
終わったあとに研究室で1枚。あいかわらずの部屋の汚さには目をつぶってください。

最後のゼミ


1月24日は、2016年度最後のゼミでした。
前後期あわせて30回実施したゼミですが、悲喜こもごも思い出が尽きません。
前期は、アニメとその時々の社会現象の関係について、年代ごとに区切って分担して調べました。後期になって、アニメの歴史と社会の関連についてはある程度の材料がそろったのですが、そこからどのように展開していくのかで行き詰ってしまいました。
そんな時に、なぜがグリム童話の歴史について調べることになり、ブログでも書いたように学習発表会につなげました。
一年を通じ、みんなで学び、考え、まとめたゼミになったのは初めてです。長年ゼミをやってきましたが、今までは前期は統一テーマで研究しても、最後は個々に論文をまとめるという形でした。もちろん、両者で甲乙が付けられるわけではありませんが、初めてのことで私自身貴重な経験をさせていただきました。

最初に書いたように、1月24日は最後のゼミだったのですが、突然、「先生1年間ありがとうございました」とゼミ生から感謝の言葉をかけられるとともにケーキが出されびっくりしました。
実は、前の時間に1年生から「2年生が何か準備しているんじゃないですか」と言われたのですが、「絶対にないよ」と答えていました。
それだけに不覚にも涙があふれて止まりませんでした。

1年次の東クラスからそのまま2年次の東ゼミに来た学生6名、他のクラスから東ゼミを希望して来た学生7名の13名で始まった今年度のゼミ。
残念ながら途中で1人が退学してしまいましたが、12名の学生を無事送り出すことができそうです(まだ卒業が決まったわけではありませんが)。
一人ひとり個性的で、全員が自慢の学生です。これからは別々の道を歩んでいきますが、それぞれの場所で活躍すると信じています。

↑これはゼミの時ではなく、1月27日に最後の授業を終えたゼミ生が私の研究室を出ていったときのものです。涙

学習発表会のテーマはグリム童話


12月6日の学習発表会が近づいてきました。

毎年、各ゼミが趣向を凝らした発表で盛り上がりますが、今年の東ゼミのテーマは、グリム童話です。

『本当は恐ろしいグリム童話』という本がはやったこともあり、グリム童話が単なるハッピーエンドのメルヘンではないことはよく知られています。

それを前提にさらに研究を深めて学術的価値を高めると共に、聴衆を惹き付けるストーリーと演出を考えています。

毎日、論文と格闘しています。

1478608585193-27364809

夏休みも最後


いよいよ、来週の月曜日(12日)から後期開始です。
1ヶ月半の長い夏休みでしたが、ホントいろんなことがありました。
夏休みは寂しくなるなあと思っていましたが、結局何だかんだ言って、毎日のように学生と会っていました(笑)。
1年生と野球観戦ツアーを実施したり、ゼミで温泉に行ったり、オープンキャンパスにスタッフ学生として来てくれたり、バスケットボール部の試合があったり、みんなで沖縄に行ったり・・・。今日は、ゼミ生が四大編入試験の志望理由書を書くために研究室に来ています(写真)。
こう書くと遊んでばっかりように見えますが、文科省や私学事業団に出す書類作成とか、現コミの将来構想を教員で議論してまとめたり、一応仕事もしています。
研究室を掃除する時間を削ったので見ての通りの惨状です(笑)。

広島カープ応援ツアー
広島カープ応援ツアー 8月4日
ゼミで大江戸温泉物語 8月3日
ゼミで大江戸温泉物語 8月3日
バスケットボール部全国大会 8月8日~9日
バスケットボール部全国大会 8月8日~9日
沖縄戦跡ツアー 9月5日~8日
沖縄戦跡ツアー 9月5日~8日
今日の研究室 9月10日
今日の研究室 9月10日

サマーキャンプ


昨日から、サマーキャンプに来ています。
1年生全員が参加する旅行で、今年は長野県東御市で実施しました。
短大なので、堅苦しいものではなく、花火大会をしたり、軽井沢のアウトレットで買い物したりと、学生たちはそれぞれ楽しい時間を過ごしていたようです。
学生部の教職員が実施に向けて奔走して下さり、(教務部の)私はほとんど役目もなく、楽をさせていただきました。
DSC_1084

男子学生は、別棟の古民家に隔離されていたのですが、夜には女子が遊びに来てくれたようで、楽しんでいました。

DSC_1066

軽井沢のアウトレットではミカドコーヒーで一休み。名物、モカソフトを食していました。

DSC_1117

深夜の校舎


仕事をしていて、気づいたら深夜になっていました。
私の研究室は廊下に光が漏れない構造になっているため、見回りの方も、私が研究室に残っていることに気づかず、校舎内の電気がすべて消されてしまいました。
研究室から廊下に出ると、まさに真っ暗。
何か出るかな、写ってはいけないものが写らないかな、と思い、写真を撮ってみました。
が、出るわけないですよね。なんせ唯物論者ですから。

東京立正短期大学

調理実習?(1年東クラス)


幼児教育専攻には調理実習の授業がありますが、当然、我が現コミ専攻にはありません。
そこで、1年東クラスでは、異文化交流を名目に調理実習を強行しました!
ベトナムからの留学生が生春巻きを作ってきてくれました。そして、調理室でホットケーキとお好み焼きを作り、クラス全員で食べました。
これからも異文化交流をどんどん進めます!

DSC_1008

DSC_1007