tokyorissho junior college azuma のすべての投稿

日銀本店&貨幣博物館見学


今週1週間は「アクティブラーニングウィーク」。授業をやらずに各教員が企画した校外授業や学内企画を実施しました。
今年度は以下の7つの校外授業を実施しました。
1. 錯視の世界を体験しよう!(東京トリックアート迷宮館見学)
2. 外国人宿「澤の屋旅館」の取材と下町の人気スポット谷根千の散策
3. 英語deホテルツアー
4. 刑事裁判を傍聴してみよう!
5. 横浜市民防災センター見学
6. 日本銀行本店&日本貨幣博物館見学
7. VRで海外旅行を体験しよう
実は、1は心理学の教員が、3は英語教員が、7は観光学の教員が企画しており、それぞれの専門分野に関わる校外授業を実施しています。
私は一応経済学の教員なので、6を企画しました。一応というのは、資格取得を推進するため、MOSや簿記の授業を担当しており経済学の授業がどんどん減ってしまったからです。本当はマルクス経済学が専攻分野なので、資格取得は対極にあるような分野です。
日銀本店は辰野金吾氏設計の歴史的建造物で、経済学に興味がなくても一見の価値がある建物です。貨幣博物館には、ここでしか見られない貴重な資料が数多く収集されており、こちらも見どころの多い施設です。
最近は内生的貨幣供給にかかわる論文ばかり読んでいたので(主にMMTですが)、外生的貨幣供給に何の躊躇もない日銀の説明ビデオは、逆に新鮮でした。貨幣博物館では、マルクス的な商品貨幣説の方がMMTより妥当だよなあ、と考えていました。MMTが流行ったのは2年ほど前ですが、今になって私の中で1つの中心テーマになっています。

勝手に学食宣伝(中大と比較してみた)


決算報告書を見たら、学生食堂の赤字が大きくなっていました。コロナ禍で利用者が減っているのが原因です。ということで、勝手に宣伝して利用者を増やしたいと思います。
我がりったんの学食はどこが優れているのか、日本一と言われる中央大学の学食と比べてみました。(あくまで個人の感想です)
1. 迷わない
中大は1階~4階まで学食が配置されており、コンセプトも階や店舗によって異なります。対してりったんの学食は1か所。迷うことなく直行できます。
2. 後悔しない
中大はメニューが豊富なので、人が食べているのを見ると、「あー、自分もあれにすればよかった」と思うことが多々あります。対してりったんのメニューはほぼ1択。雑念が浮かばず、「おいしかった」という感想だけが残ります。

どうですか。学食に行きたくなりましたよね。現在はコロナの影響で卒業生は使えませんが、学生はぜひ利用しましょう。コロナが収まったら卒業生もぜひお越しください。

コロナ禍の学習発表会


2020年12月10日に恒例の学習発表会が行われました。例年は各ゼミがパフォーマンスを加えて学習成果を競いますが、今年は感染拡大防止の観点から普通の発表でした。
東ゼミではグループ発表にこだわったので、教室にいる学生と自宅からオンラインで受講している学生でどのようにグループ研究を進めるのかが課題でした。ゼミ生はオンラインツールも使いながら試行錯誤を繰り返し、最終的に全グループが発表にこぎつけました。
内心、例年に比べれば発表の内容が劣るのではないかと思っていましたが、ふたを開けてみると研究内容も発表方法、そして何よりも熱意が伝わってくるものでした。
※ 学生に写真使用の許可を取ろうと思っていたら年度を越えてしまいました。結局、顔を判別できない写真のみを使います。

文化祭に向けて


早くも文化祭の準備をする季節になってきました。
今年の東クラス(1年生)はチョコバナナ、東ゼミ(2年生)は揚げパスタです。
もともと、餃子とかイカ焼きとか、とにかく匂いの出るもので下ごしらえが大変なものを得意としてた東ゼミ、クラスですが、今年はずいぶんおしゃれなものを選択したものです。
「匂いでお客さんを引き付けよう」「楽して儲けようと思わず、汗水たらして稼いでください」と言ってきたのですが、私の意志とは真逆の決定です。もっとも、「教員の言うことに従う必要はない。何事も自分たちで考え判断し行動してください」とも言い続けてきたので、その意味では教育の成果ですね。学生の自主性に敬意を表し、成功するよう見守りたいと思います。
毎年行われる文化祭ですが、1年たりとも同じ年はありません。今年のゼミ生、クラス員が充実した学生生活を送ることを心から願っています。

浴衣でぃ2019


実に1年ぶりの投稿です。
7月9日、恒例の浴衣でぃが開催されました。
とはいえ、安全上の理由から地域の子どもたちを招待できなかったので、今年は学生と教職員だけの夏まつりとなりました。
それでも東ゼミは、去年に続いて「ゼロ円かき氷」を実施。
授業を終えてロビーに降りてくる学生に冷たいかき氷をサービスしました。
ゼミ生は、授業の合間を縫っての準備から、配布、そして撤収まで、実に手際よくこなしており、いつもすごいなと感心しながら見ています。
浴衣でぃが終わると、いよいよ前期試験が近づいてきます。
単位を落とさず、無事に夏休みを迎えられるといいですね。

今回の写真は訳あって後ろ姿だけです。

前期最後のゼミ



いよいよ前期も終わりが近づいてきました。
今日(7/24)は、前期最後のゼミを実施し、「マヤ文明」班が発表しました。
マヤ文字が解読されていないこともあり、マヤ文明には未解明の部分がたくさん残されています。
さすがにその全貌を解明することはできませんが、今回は、滅亡理由を4説に分けて分析し、それぞれの矛盾点を考察することで、合理的な仮説を立ててみました。
学生ならではの視点で、現代文明との親和性などにも言及しており、とても興味深いものでした。
いつも学生の持つ(私にはない)視点と可能性には感心させられます。

学生たちは放課後には、研究室で就活の書類作成をしていました。
が、研究室のあまりの汚さに、2名の学生が掃除を開始。
本当にいつも感謝しています。

浴衣デー



毎年恒例となった、東京立正短期大学の浴衣デー。
学生も教職員も浴衣で過ごす日です。
同窓会の方が着付けに来てくださるので、着付けのできない学生も浴衣さえ持ってくれば大丈夫です。
また、放課後は「夏祭り」を開催。近所の子どもたちを招いて、さまざまな企画が行われました。
お祭りに企画を出すのは、ほとんど幼児教育専攻のクラスなのですが、現コミ専攻では唯一わが東ゼミが「かき氷」で参加しました。
昨年を超える来場と、猛暑ということもあり、500杯以上出ました。

文化祭準備



文化祭は後期ですが、クラス(1年)やゼミ(2年)では早くも準備が始まっています。
ことしの東クラスは、文化祭で大学芋を出すことにしてので、早速試作会を実施しました。
単なる大学芋ではなく何かトッピングしようと、学生が思い思いのものを持ち寄って試作したのですが、どれもいまいちでした。それどころか、肝心の大学芋自体もなかなかうまくできず、悪戦苦闘。挙句の果てに、電子レンジから焦げ臭いにおいが!
なぞの物体が電子レンジの中に残っていました。

これに懲りず、文化祭までに「絶品無二の大学芋」を作り上げます。

今年の文化祭は
2018年9月30日(日)

女子バスケットボール部、2年生最後の公式戦



10月15日、22日の日程で、第58回東京都私立短期大学体育大会が行われました。
私は女子バスケットボール部の顧問らしきことをしているので、今日も青山学院短期大学で行われた試合に行ってきました。
本学は先週、東京農大(不戦勝)、戸板女子短大に勝って、本日の決勝戦に臨みました。
相手は帝京短期大学。帝京短大は、先週の1回戦では圧倒的な強さを見せ、2回戦はシードの青短を破っての決勝進出です。
正直言ってとても勝てそうにはなく、事実勝てなかったのですが、学生たちは最高の試合を見せてくれました。

全般的に相手がリードしている展開でしたが、みんなで作戦を練り全力を出し切り、一時は逆転することもありました。
女子バスケ部の試合では、学校での顔とは違う学生の姿を見ることができ、いつも感動します。

文化祭の文化



本学の文化祭は、10月1日に無事終了しました。
文化祭というと、模擬店やサークルの発表、コンサートなどのイベント企画、等々。もちろんこれも立派な「文化」ですが、やはり日ごろの研究成果の発表も大切です。
ということで、東ゼミでは、東京立正の怪談にまつわる真相を考察しました。
これが研究なのか!というお叱りもあるかとは思いますが、それはそれとして・・・。
ネットでの噂に始まり、実際に学内を探検したり、本学園で一番古い高校の先生にインタビューしたり、文献資料をあたったりと、なかなか面白い研究でした。簡単にまとめたものをPDFで添付しますので、ぜひご覧ください。
もちろん、模擬店も出し(東クラス(1年)は純喫茶、東ゼミ(2年)は焼き餃子)、盛況でした。そちらの報告は次回ということで。

↓ここをクリック↓
知られざる東京立正の怪談